造成工事 基礎工事 外構工事












基礎工事の流れ(布基礎)


■丁張(遣り方)
基礎工事を開始するにあたり、まず最初に施工するのが丁張(ちょうはり)です。高さや位置、矩角(直角)などを測量器を使って正確に設置していきます。基礎の精度を確保するには、この丁張の施工精度がとても重要になってきます。


■掘削
設計図記載の深さまで掘削します。
掘削する幅はこの後の型枠工事の作業が出来る程度の余掘りを考慮して決めます。


■地業(ちぎょう)
設計図記載の厚さになるよう砕石を敷き均します。
建物の荷重を地盤に均等に分布させるため、しっかり締め固めします。



■捨てコンクリート
型枠工事、鉄筋工事に必要な墨出しや、型枠を固定する釘を打つために低配合のコンクリートを打設します。
公共的な工事以外では、この捨コンを省略することが多くなってきています。



■ベース型枠、鉄筋組み
所定の幅となるようしっかりと型枠を固定し、鉄筋を組み立てます。
主筋の径や本数、配力筋のピッチ、補強筋の位置や定着長さなど…正確に組み立てていきます。



■コンクリート打設(ベース)
ベース部分の生コンクリートを打設します。
生コンクリートの配合は、設計基準強度に温度補正、強度補正を行いプラントに発注します。打設はポンプ車やクレーンを使用し、バイブレーターでしっかりと締め固めしていきます。


■型枠工事
立上り部分の型枠を施工していきます。
当社では内周部分に使う型枠には鋼製型枠を使用しており、高い精度と迅速な施工を実現しております。


■コンクリート打設(立上り)
立上り部分の生コンクリートを打設します。
ご要望に応じ、スラブと立上りの一体打ちも行っておりますが、標準では二回打ちにて施工します。


■養生
コンクリートを打設した後は養生をし日射や気温の影響を抑制します。


■脱枠、出来形確認
脱型できる強度になったら型枠を脱枠し、出来形の確認や充填不良の発生が無いかなどを確認していきます。


■内部埋め戻し
店舗等の場合は土間コンクリートで仕上げるのが一般的で、後々沈下のないようにしっかりと締め固めを行います。



■防湿土間シート
土壌からの湿気をより防ぐために防湿シートを敷きこんでいきます。


■土間配筋、土間止め型枠
土間部分の配筋や型枠を組み立てます。


■コンクリート打設(土間部)
設計図通りの厚みとなるようコンクリートを打設します。
土間の仕上げは基本的には金コテで不陸のないよう平坦に仕上げていきます。



■完成
.