造成工事 基礎工事 外構工事












基礎工事の流れ(鉄骨造基礎)


■掘削
木造住宅に比べて鉄骨造の基礎はかなり深くまで掘削します。
建物重量や構造体の応力特性からも大きな基礎が必要になってきます。


■地業(ちぎょう)
所定の厚さになるよう砕石を敷き均します。
建物の荷重を地盤に均等に分布させるため、しっかり締め固めします。


■捨コン 墨出し
鉄筋や型枠の位置を捨コン上に墨出ししていきます。



■鉄筋組立 型枠組立


■コンクリート打設(基礎)
高周波バイブレーターで隅々までしっかりとコンクリートを充填・締め固めしていきます。


■埋め戻し
後々沈下の発生がないようにしっかりと締め固めていきます。



■脱枠
基礎の出来形は確保しているか、充填不良はないかを確認します。


■基礎完成
これで基礎は完成です。
この後、鉄骨の建て方を行い次の工程に入ります。


■防湿シート敷き
湿気対策をより万全にするため防湿シートを敷き込みます。




■配筋
1階土間部分の鉄筋組み、2階から上の部分のメッシュ組みを行います。



■コンクリート打設(土間・スラブ)
一階土間部、二階スラブのコンクリートを打設します。
.